お正月に食べるおせちの意味とは

日本の家庭ではお正月におせちを食べるのが一般的です。また、最近は家庭でつくることがすくなくなり、デパートや料亭で作られたものを購入する家庭もあります。おせちには、正月に食べる、新年を祝うお料理を意味していて、よい年でありますようにと願いを込めながら作られます。使用する食材も、縁起のよいものを用意して作ります。また、「めでたさを重ねる」という意味からお料理を重箱に詰めます。作り置きで保存ができる食材を使用しますが、これは神様をお迎えした新年に台所を騒がせないということが始まりです。